鶴八鶴次郎と新内『明烏』

170709_0534~01.jpg 170709_0540~01.jpg 170707_1731~01.jpg

こんにちは

小唄の理解を深めるために、昭和10年の第1回直木賞受賞作品、川口松太郎の小説『鶴八鶴次郎』を読んでみましたので、紹介させていただきます。

舞台は大正時代、東京に新内語りの二枚看板、三味の鶴賀鶴八と語りの鶴次郎という若手の名コンビがいた。
二人が出るときは近所の寄席が不入りになるほどの人気で八丁飢饉の評判をとっていた。
鶴八は先代の一人娘、鶴次郎は先代の弟子という間柄。
芸に関しては頑固な二人、芸熱心から喧嘩が絶えなかったが、いつしか好いて好かれる仲になり夫婦の誓いを交わす。
しかし、鶴次郎は鶴八の幸せを考えて別れを決意するのであります。

新内の代表作と言えば『明烏』
明和6年(1769年)におきた男女の心中事件を題材にした『明烏夢泡雪』です。
江戸で大当りをとり人気が出たため清元に移され『明烏花濡衣』という題名で歌舞伎にもなりました。
新吉原山名屋の遊女浦里に入れ揚げた春日屋の時次郎。
次第に揚げ代に事欠くようになり、人目を忍んで浦里の部屋に隠れていたところを見つかり袋叩きにされ追い出される。
一方、浦里は廓の亭主から雪の降る庭で激しい折檻受ける。三下り「昨日の花は今日の夢、今はわが身につまされて、義理という字は是非もなや、勤めをする身の儘ならず、」と浦里が身の不運を嘆いているところへ、塀を乗り越えて時次郎があらわれ、二人は手に手をとって落ちのびてゆく。
白雪に崩れおちた緋縮緬の長襦袢、雪の中の折檻という凄惨な美しさ、歌舞伎でもお馴染みの名場面です。

昭和13年(1938年)の東宝映画、成瀬巳喜男監督、長谷川一夫、山田五十鈴主演の『鶴八鶴次郎』も傑作です。
天下の美男美女の若き頃の競演。二人の台詞回しが何とも粋です。
師匠の小唄選曲集第十集の解説(19-20頁)にもその場面を載せていただいてますが、DVDは出てないので、興味のある方はYou_Tubeでご覧ください。

心して(鶴次郎)

河上渓介詩
春日とよ曲

心して我から捨てし恋なれど
堰くる涙堪えかね
憂さを忘れん盃の
酒の味さえほろ苦く