小唄の宝典

170829_2129~01.jpg 170829_2133~01.jpg 170829_2131~01.jpg

こんにちは

師匠の小唄選曲集やブログの歌詞集の解説でも参考にされている『小唄の宝典』3部作と言われる小唄鑑賞、江戸小唄、芝居小唄を紹介させていただきます。
各巻700頁前後ある大書なので内容が豊富で、たいへん勉強になる本です。

小唄鑑賞
木村菊太郎著
尾上梅幸題字
江戸の流れを汲む明治初期、そして大正から昭和に至るまでに作られた小唄397曲を高い見識をもって整理しています。この一冊による小唄知識の増大は、そのまま貴方の小唄への造詣をより深いものに育て大きな影響を及ぼすこと必至。

江戸小唄
木村菊太郎著
中村歌右衛門題字
江戸時代の小唄を主に、明治以降の分も加えた437曲、季節、出典、解釈と鑑賞、芝居との関わり、註釈と多角的な考察による小唄の徹底的究明は、さすがに親切な記述と賞賛されています。いわば小唄の原典を平易に解説した宝典なのです。

芝居小唄
木村菊太郎著
久保田万太郎題字
歌舞伎や新派、または役者に因む小唄375曲を選び出し、歳時記風に分類配列して、小唄の成り立ち、芝居の梗概、歌詞の解説、註釈、唄い方まで懇切丁寧に書いてあります。小唄の醍醐味ばかりでなく芝居の楽しさが併せて味わえる評判の好著。

木村菊太郎
1912-2006、桐生市生まれ。演劇評論家として雑誌や新聞に劇評を執筆した後、小唄に専念。小唄の発展に多大な貢献をした。平成18年、93歳にて他界。

(演劇出版社の解説より)