Mの記憶

170909_0956~01.jpg 170909_0955~01.jpg 170909_0954~01.jpg

こんにちは

久しぶりに丸ビル(丸の内ビルディング、2002年)に行ったらエントランスに『Mの記憶』という洒落たオブジェがあったので、紹介させていただきます。

私の『Mの記憶』と言えば、1階にあった竹葉亭のまぐちゃ(まぐろ茶漬け)です。本当に美味しくて、よく食べに来たのを懐かしく思い出しました。

旧丸ビル(丸ノ内ビルヂング、1923年)に基礎として用いられた松杭が驚くほどの鮮度で回収され、その中の1本を選び、旧丸ビルがたどった年代を切り刻み、そのまま水平に床に埋めた作品です。
丸ノ内は昔は海だったので地盤が弱いため、基礎に12〜15メートルの松杭を5400本使ったそうです。
そしてもう1本、今度はブロンズに鋳抜き、未来への年代を切り刻んで、床下の作品と対応させるように屹立させた、時間と記憶をテーマにした土屋公雄氏の作品です。