東京小唄・清元・三味線教室

歌舞伎・文楽

八月納涼歌舞伎No.1
2017/08/20

刺青奇偶☆☆☆ばくち打ちの半太郎の役は中車さんにぴったり。故勘三郎さんが、中車さんに合う狂言として「刺青奇偶」をあげ、「こういうので彼は力を発揮するだろ」と言われたそう。七之助さんの酌婦お仲は玉三郎さ […]

鵺(ぬえ)
2017/08/04

世阿弥原作の『鵺』という作品を国立能楽堂で観賞してきましたので、紹介させていただきます。 歌舞伎には、平家物語のなかにある源頼政の鵺退治伝説に基づく『鵺退治』という演目がありますが、能では、頼政に撃た […]

歌舞伎と深川
2017/07/24

江戸資料館に「歌舞伎と深川展」を見に行ってきました。 深川江戸資料館 大江戸線「清澄白河」から徒歩3分 江戸時代末(天保年間)の深川佐賀町の町並みが再現されており、当時にタイムスリップできます。 当日 […]

NoImage
七月大歌舞伎No.3
2017/07/21

加賀鳶☆☆☆梅吉と道玄は幸四郎さんのイメージが強いので、初役の海老蔵さんはどんなふうかなと楽しみでした。鳶の梅吉は文句無しに格好いいのです。目がお正月でした。悪の道玄は女按摩お兼(齋入さん)とのいいコ […]

NoImage
七月大歌舞伎No.2
2017/07/20

矢の根☆☆曽我五郎(右團次)が馬の背に跨がり、大根を鞭代わりにして、敵の工藤の館を目指すまでを描いています。工藤の館へ向かう身支度をしているところに注目が集まります。それは、二人の後見(右左次・右田六 […]

七月大歌舞伎No.1
2017/07/19

駄右衛門花御所異聞☆☆☆成田屋として170年ぶりの復活上演や勧玄君との親子宙乗りで話題の多い演目でした。海老蔵さんは三役を早変わりで勤め、大熱演です。長い花道を狐の手つきで勧玄君が小走りに登場しました […]

NoImage
六月博多座大歌舞伎No.8
2017/06/20

河内山☆☆末弟の歌之助さんが腰元波路でした。成駒屋三兄弟の中で一人くらい女形になってくれれば・・・と思っていたので、歌之助さんの女形が観られたことはとても嬉しかったです。まだ15才なので声は安定してい […]

NoImage
六月博多座大歌舞伎No.7
2017/06/19

毛谷村☆☆菊五郎さん・時蔵さんの取り合わせなので、安心感と安定感のある「毛谷村」でした。途中、菊五郎さんが着物を着替え、裃をつけ、刀を帯にさすまでを、時蔵さんが手伝います。いつもこの場面が楽しみなので […]

NoImage
六月博多座大歌舞伎No.6
2017/06/18

藤娘☆☆幕間の後、演目が始まるまでの座席は真っ暗になります。この演出に始まるときへの期待感が高まります。始まりの長唄が終わると、一斉に照明がつき、松の大木に絡んで咲いている藤の花が目に入ります。そこに […]

NoImage
六月博多座大歌舞伎No.5
2017/06/17

車引☆☆若いっていいですねぇ。橋之助さんの梅王丸・福之助さんの桜丸・歌之助さんの杉王丸。フレッシュな取り合わせに、勢いのある感じでした。特に、橋之助さんは最後の型で、太刀を持って反り返るポーズが素晴ら […]

1 / 16123最後 »