東京小唄・清元・三味線教室

生徒「M.K」さんの声

入門のきっかけ
コロナ禍で時間ができ、以前から再挑戦したかった三味線を始めようと思って
入門時の年齢
20代
性別
女性
職種
事務職
入門時の経験
三味線
主な稽古日
土・日
主な稽古時間
昼間
入門した感想
ただただ入門させて頂いてよかったなと思っています。師匠は悪いところも良いところも毎回しっかり仰ってくださるので、隅々まで見て頂いてると感じ、それが励みとモチベーションになっています。三味線、唄がまだ下手ながらも家でもお稽古場でもとても楽しく取り組んでいます。
お稽古以外でも、日本文化の礼儀や歴史の奥深さに触れ(己の無知さが恥ずかしくなりますが)たり、普段の生活ではお会いできないような業種やご趣味の先輩方と出会えたのもとても嬉しかったです。
個人的な密かな楽しみは、師匠のお稽古場から季節の移ろいを感じること、本当に素敵なセンスのお着物にうっとりさせて頂くこと、お稽古後のおしゃべりです。
入門時の悩みと解決方法
春日会という由緒ある会に入会させて頂いたがちゃんとついていけるかなという不安がありました。
ですが師匠の悪いところも良いところもしっかりと見てくださる安心感と、とても親しみやすい先輩方と芸に真摯に向き合ってらっしゃる姿勢、グループレッスンでの同期(?)と励まし合える機会等々のおかげで、不安はふっとびました。

その他の生徒さんを見る

40代 女性
人生最後の楽器は三味線!と思っていたから
80代 男性
前の師匠の稽古場が終了し、新しい稽古場を探していた。
30代 女性
三味線を弾きながら唄えるようになりたかったため。
30代 女性
落語が好きで噺の中にしばしば挿入される唄に興味を持ったこと
50代 女性
小唄の弾き歌いにあこがれて