東京小唄・清元・三味線教室

生徒「A・K」さんの声

入門のきっかけ
落語が好きで噺の中にしばしば挿入される唄に興味を持ったこと
入門時の年齢
30代
性別
女性
職種
派遣社員
入門時の経験
なし
主な稽古日
木・金・土
主な稽古時間
午前中・夕方
入門した感想
最初は唄のみのつもりでしたが、勧められて始めた三味線がことのほか楽しく、練習の成果を見てもらえる稽古日が待ち遠しい日々です。
入門時の悩みと解決方法
上下関係が厳しかったりお弟子さんたちのコミュニティにうまく入れなければ、長続きしないだろうと考えていました。
しかし先生は「小唄は娯楽で庶民が歌っていたものだから楽しくやること」というスタンスで大変優しく親身に教えてくださり、お弟子さん方もいつも明るい笑顔で声をかけてくださるので、まったく心配いりませんでした。

その他の生徒さんを見る

40代 女性
子供の小学校入学で時間ができたので興味のあった和楽器に挑戦
30代 女性
昔の日本映画の一場面で、小粋に三味線で唄っている場面を見てから憧れていたから
70代 男性
妻が亡くなり寂しかったから
40代 女性
人生最後の楽器は三味線!と思っていたから
50代 女性
浅草のお座敷を見て華やかさに憧れました